残業代請求をするなら?

現代社会で問題となっているサービス残業、いわゆるサビ残による未払いの残業代の問題です。ですが、どれくらいの勤務時間なら残業代請求出来るのかわからない方も多いでしょう。実は、1日8時間を1分でも超える労働、もしくは週40時間を1分でも超える労働は、原則として残業代を請求出来ます。しかし、残業代請求は時効があり、原則として直近2年間までとなっています。

残業代請求の証拠となりうるもの

  • タイムカード(コピーでも可)
  • 会社のコンピュータへのログイン・ログアウト履歴
  • 交通系ICカード定期券の利用履歴
  • 家族への帰宅を知らせるメール・メッセージ

残業代請求が出来ないケースも存在

では実際に残業代請求をしたい場合はどこで相談すればいいのでしょうか。残念な話ですが、中には会社の上司に残業代請求の話をしても、流されてしまったという話も多いです。疑問点を解決することで、残業代請求に踏み切る事もできます。

残業代請求請求の疑問点

スーツの男性

残業代請求の相談はどこにすればいい?

残業代請求の相談ですが、労働問題に強い弁護士に相談するのが1番安心です。何故かと言うと、会社側に何も持たずに残業代を払って欲しいと主張しても、はぐらかされる場合や、威圧的な態度を取られる場合もあるからです。ですので、残業代をきっちり請求したい場合は、弁護士に相談・依頼することで弁護士が会社側に残業代請求をしている事を伝えてもらうことができ、比較的にスムーズに進めるでしょう。

業種によって残業代請求出来ない場合もありますか?

業種によっては残業代請求が出来ない場合もあるのでは?という心配をされている方も居ますが、原則として業種によって規定の適用が排除されるといった事はありません。サービス業に従事している方などは特に労働時間が長くなることもありますよね。ですので、業種問わず残業代請求したい場合は弁護士に相談するといいです。

管理職は残業代請求出来ない?

一般的に、管理職に就いている方は残業代請求が出来ないと思われがちです。しかし、給料がそこまで高くない方は管理監督者に当たらないと認められるので、目安として月給30万円以下の方は、場合によっては残業代請求が出来る可能性もあります。

お金の問題だからこそ慎重に!残業代請求はどこに相談すべき?

弁護士バッジ

残業代請求が出来ないケースも存在

中には残業代請求が出来ないケースもあります。例えば、営業職などにありがちですが、朝から取引先を周り、殆ど会社に居ない従業員の場合は、10時間外回りをしていたとしても、1日8時間労働をしたものとみなすという場合は、10時間のうちの2時間は残業になりません。このように残業代請求というのは複雑になってきますので、もし残業代請求出来ないのでは?と考えた際にはすぐに弁護士に相談しましょう。